よくある質問 Q&A

私達ティクーンはサイトを構築するためのプラットフォームと現地の物流、決済、精算等の販売に必要なシステムを提供致します。

利用社はサイト構築、カスタマーサービス(対象国のネイティブスピーカーを採用)、マーケティング、販売等の

運営全般を担当します。​

弊社のプラットフォームを利用していただければ現地法人開設の必要は御座いません。

これは弊社ティクーンプラットフォームの特徴でもあり費用軽減と自由なマーケティングが可能となります

対象国のネイティブスピーカーを採用することで、カスタマーサービスやサイトのコンテンツ作成は勿論のこと、

営業やマーケティングも現地の方法で行う事ができます。

対象国の文化と環境を熟知しているネイティブスピーカーの採用は、事業の成否に関わると言っても過言ではない程重要な事です。

現在は韓国、中国、シンガポールの3カ国に進出可能です。
それぞれの国から日本への越境、また各国間での越境もサポートしております。

各国に工場がある企業様もお気軽にご相談ください。

ティクーンは既にインド法人を準備している段階です。今後はアメリカやアジア諸国、ヨーロッパも視野に入れており、

日本企業がより世界へ越境ECで進出できる道を開拓して行きます。

法律に違反しない限り、アイテムに制限はございません。
海外に売りたい、もしくは売れそうなアイテムがありましたら、まずは市場調査を行う事を推奨致します。
また独自サイトでの運営は商品数が多い方が有利ですので、関連商品もあわせて販売する事をお勧め致します。

独自商品や外国で売れそうな商品をお持ちであればまずは市場調査が必須です。

市場規模や現地ユーザーの購買パターン、競合サイトの数や価格調査、納期、販売方法およびサービスを調査します。

現地市場でアイテムの特徴をよく分析した上で少しでも可能性があるのなら越境に挑戦する事をお勧めします。

 

独立サイトで運営する事になりますので関連商品が多ければ多いほど有利です。

関連商品も併せて販売し、将来的にはその分野の総合販売サイトを目指す事をお勧め致します。

例:日本のシャーペンで越境ECサイトを始めたが少しずつ文房具製品を追加し将来的には文房具総合サイトを目指す。

まず契約金として10万円(税別)が必要です。(契約時には事業者登録証もご準備ください)
 

サイトオープン後は売上が発生した際に、送料を除いた商品販売価格の8%を販売手数料としてご請求させて頂きます。
ただし月800万円以上の売上については、商品販売価格の5%を販売手数料としており、

利用社の負担にならないよう考慮致します。売上が発生しなければ販売手数料の請求はいたしません。

事業費用については、サイトオープン前からオープン後6ヶ月程までにかかる必要な経費を準備しておく事をお勧め致します。
例としまして、以下のような経費が考えられます。

-ネイティブスピーカー、WEBデザイナー等の人件費
-PG利用料(初期費用:10,800円、毎月固定費用:3,240円)
-IP電話の設置、通話料
-広告費(約月20~50万円)等