tqoon news

[営業の秘訣] 一円でも安く

ティクーンが初めて日本に名刺を販売した時、500枚を980円で売りました。 当時、日本市場で一番安い企業は100枚を2300円で売っていました。 ティクーンは安さで勝負しました。 そして基盤を作り9年半が過ぎた現在、他の商品も含めて昨年は12億円を販売しました。 安さが一番のマーケティング手法です。安く売ることはお客様が一番求めていることです。 しかし、多くの方々がすぐに利益に飛びついて、安く売ることができないのが現状です。 最初は広告費や運営費など、計算すれば必ず赤字になるのがECです。 EC業はリピーターを増やすことで、黒字に変わります。 EC事業とは集客し、リピーターを増やす事業なのです。

3年間の統計で見るティクーン式越境ECの力

◎2016年、年商が3000万円以上のサイトが10個 年商3000万円を超えるサイトが2014年は3つ、2015年は6つ、2016年には10個と増加し続けています。 年商が3000万円以上ならば、今後もずっと伸び続けると予想されます。 ティクーンが直営している5つのサイトを引いたとしても、最小5つの企業がティクーンを利用し黒字を出しています。 サイト1つでは3000万円を超えなくとも、2つのサイトを運営している企業もあり、3000万円以下でも黒字の企業もあります。 ◎営業中のサイトが37個 ティクーンを利用したサイトは2014年に5つ、2015年に17個、2016年に13個がオープンしました。 営業中のサイトだけ数えると2014年は7つ、2015年に23個、2016年に34個、2017年現在37個です。 4月にシンガポール行き、10月に台湾行きが開かれれば、利用社の数もさらに増えることが予想できます。 ◎ティクーン式越境ECは徹底した現地化独自サイトです。 ティクーン式(現地化)で越境する人はあまり多くありません。 しかし、挑戦さえすれば成功する確率がとても高いです。 それは統計が証明しています。 難しく考えがちな越境EC、ティクーンで始めてみませんか? まずは説明会にぜひご参加ください。 4/25日(火)15時より新宿にて開催予定です。 参加費は無料!参加希望の方はHPより申請をお願い致します。

43店目のサイトがオープンしました。

看板専門サイト、DFlux(ディーフラックス)がこの度オープン致しました! ティクーンプラットフォームを利用し日本に進出した、43店目のサイトとなります。 ティクーンはこのような巨大看板も海外へスムーズに配送するシステムを持っています。 現在は約20個のサイトがオープン準備中です。 オープン次第、こちらのティクーンニュースで随時お知らせ致します。

次回東京説明会4月25日(火)に決定―伝えるのは【最も簡単に競争相手のいない独占市場へ】

【tqoon式越境EC】昨日3月22日ティクーン式海外直販説明会を盛況のうちに終える事ができました。平日のお仕事でお忙しい中、わざわざ お越しいただいた皆様には、この場をお借りして改めまして御礼申し上げます。 さて月一定例説明会では様々な業種の方々にお越しいただいておりますが皆様

ティクーン初!シンガポール行サイトオープン準備中

韓国発シンガポール行サイト、第一号が現在準備中です。 プラスチック容器専門サイト(http://www.tq-bottle.sg) これまでティクーンは韓国発日本行、中国発日本行サイトをオープンさせてきましたので、 シンガポール行はこれが初めてとなります。 準備もある程度終わり、4月中旬にオープン予定です。 シンガポールを拠点に、東南アジアへ進出します。

[ティクーン式 越境EC説明会]いよいよ本日です!

おはようございます。 ティクーン式越境EC説明会がいよいよ本日開催となりました! 本日15~17時、新宿にて開かれますので、ぜひご参加ください。 参加費は無料です。 ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。 皆様のご来場をお待ちしております。 〒151-0053  東京都渋谷区代々木3-24-3 新宿スリーケービル3F 新宿駅各線より徒歩約10分

越境EC 成功のキーワード

越境EC、海外販売において成否を決める最も重要なことは アイテムです。 アイテムが良くないのならば、どんな方法を使っても難しいです。 ティクーンはこれまで韓国→日本への販売を主軸に、 (株)アドプリントが直営するサイトを全て成功させて来ました。 これらのサイトで販売しているアイテム全てが、強力な価格競争力を持っています。 アイテムの次に重要なのは、リーダーの集中力です。 集中力があることは、能力があるという意味です。 リーダーが集中していなければ、成功する方法はありません。 3番目は、実務責任者がいることです。 CEOが実務もすれば問題ありませんが、そうでなければ CEOに代わる責任者が必要です。 最後に、マーケティング/広報です。 準備が整ったら、あとは広報するだけです。 広告費は使えば使うほど、後になって必ず戻ってきます。 今回はグローバルEC、独自ショップ成功のための4つのキーワードを お届け致しました。 ティクーンジャパンでは毎月、独自ショップでの越境ECセミナー(説明会)を開催しています! 参加費は無料です。 定員制ですので、ホームページよりお早めの申請をお願い致します。 次回東京会場は、 来週3月22日(水)15~17時 新宿となります。 たくさんのご参加をお待ちしております。

ティクーンの実績をご紹介!

百聞は一見にしかず、ということで今回は ティクーンの実績をご紹介しようと思います。 2016年11月14日基準で、ティクーンを利用しているサイトは35個以上です。 今回はその中で、売上トップ3をご紹介します! ADPRINT(アドプリント) 名刺、ステッカー等の印刷物を取り扱うサイトです。 豊富な品揃えが人気の秘密です! MakuMaku(マクマク) 横断幕、バナースタンド等の大型出力物を取り扱うサイトです。 デザイン制作も格安で頼めるので、初めてのお客様でも安心! ADSIGN(アドサイン) 目立ち度100%のエアー看板、スカイダンサー等を取り扱うサイトです。 集客率アップ間違いなしの、近年注目の看板です。 この他にも成功サイトは多数あります。 各サイトの売り上げを詳しく知りたいという方は、ぜひ説明会にご参加ください! 3月22日(水)15~17時 新宿にて 次回開催予定です。 参加費は無料となっております。 定員制ですので、HPよりお早めの申請をお願い致します。

「海外直販 独立サイト」とは?

ECが初めての方には難しく聞こえがちな、 「海外直販 独自ドメインサイト」 独自ドメインサイトにはどんなメリットがあるの?何が違うの?という疑問に、お答えします! 始めに、越境EC(海外でオンライン販売=ネットショップ運営)には大きく分けて3つの方法があります。 ①日本向けのサイトで海外発送を対応させ販売 もともと持っていた日本国内向けのサイトに、外国語の商品説明文などを追加し、 海外にも発送できるようにして、販売する方法です。 確かにこれで海外のお客様でも購入できるようになりますが、 日本から直接お客様へ送るので送料も高く、決済方法も日本式なのでお客様から見れば不便ですよね。 こちらから国境を越えるのではなく、お客様に国境を越えて来て頂く形となります。 わざわざ自国のサイトではなく日本のサイトで購入するわけですから、 日本でしか購入できないもの、ブランド品等のすでに知名度があるものでないと、なかなか厳しいのが現状です。 そうだティッシュ買わなきゃと思ってわざわざ外国のサイトで買う人は、やっぱりいませんよね。笑 ②現地のショッピングモールに出店し販売 現地の総合モールに出店し販売する方法です。 お客様がすでに集まっているところにお店を出すわけですから、 オープンしてから売上が発生するまで早いというメリットがあります。 お客様から見れば自国の総合モールで買うことになりますので、何ら不便なく購入できますよね。 しかし、自由にマーケティングできないというデメリットもあります。 総合ショッピングモールの出店はその中でしか広告を出せないからです。 広告が出せないということは、集客ができな

総合モール tqoon.jp

ティクーンが2017年2月にオープンさせた総合モール「tqoon.jp」についてご紹介します。 tqoon.jpは弊社のシステムを利用し運営されている、もしくは提携しているネットショップを集めた総合モールです。 商品ごとにそれぞれ独立したサイトがあります。 現在は印刷・販促・看板などのオーダーメイドショップ以外にも レディースファッション、子供服、インテリア、生地販売などのお店が出店中です。 ショップ数は今後もどんどん増えていく予定です。 tqoon.jpは日本国内のお客様向けに、販路拡張を促すためのもので 弊社のシステムを利用されている企業とお客様のHPとの間で、顧客の往来を活性化させる目的です。 既にオンラインショップやホームページをお持ちなら、そのまますぐにご利用頂けるという事も魅力です。 元々、お客様の往来を活発にさせる事が目的ですので、現在のところtqoon.jpへ参加して頂いても 特別、最初から出店料や販売手数料など頂かない方向で考えております。 経費をかけず集客できる良い機会になればと思っております。 各サイト個性豊かで、「魅力ある価格・サービスを顧客にお届けする」というモットーで運営しています。 ぜひ一度、tqoon.jpをチェックしてみて下さいね! http://www.tqoon.jp/ HP上部にありますtqoon.jp丸いアイコンをクリック↑

ティクーンの魅力:完全現地化

こんにちは、東京オフィスの松田です。 今回は皆さんにティクーンの魅力「現地化」についてお伝えしたいと思います。 海外で商品を売るためのプロセスとして、現地化は外せません。 もし皆さんがあるサイトで商品について問い合わせたいと思い、 電話をかけたら片言の日本語で外国人が対応していたら、どんな印象を受けますか? おそらく多くの方が「ん?なんか変だな?海外のサイトなのかな?大丈夫かな?」と 不安感、不信感を抱くと思います。 直接顔が見えない電子商取引では、顧客の信頼を得ることがオフラインよりも難しいです。 顧客がサイトを見た際に、「ここなら安心して買えそう」という印象を与えなければなりません。 そのためには、現地のサイトと全く同じシステムを採用します。 弊社ティクーンは、韓国、中国、シンガポールにそれぞれ現地法人を持っています。 そのため現地の決済会社、宅配会社と契約可能となります。 また、現地のドメインを購入し日本に住んでいるネイティブスピーカーを雇用することで、 現地のECサイトと全く区別できない、「違和感のない」サイトを構築できます。 違和感のないサイトならば疑うことも無く、顧客も安心して購入できます。 この他にもティクーン式越境ECにはメリットがたくさんあります。 弊社では月に1回、相談会を兼ねた説明会を開催しております。 東京会場は次回3月22日(水) 15:00~17:00、新宿にて開催予定です。 ご興味のある方は、HP内よりご申請をお願い致します。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • tq
  • Instagram
LINE_APP.png