tqoon news

【海外直販ニュース】ティクーンジャパンサイト内にダンボール等、梱包材オープンマーケットをローンチ

ティクーンジャパンサイト内に宅配ボックスオープンマーケットをローンチ。 ティクーンジャパンのサイト内に梱包材(ダンボール箱)オープンマーケットがオープンする、このオープンマーケットは売り手である日本国内外のダンボール・梱包材の販売者が自由に出店し商品登録し販売することができ、買い手は誰でも希望する梱包材を購入することができる。 そして売り手には嬉しいサービス、出店料や販売手数料が一切無料である。 近年、オンライン販売業者が増え今や必須となった宅配用ダンボール箱の存在。 今まで内容物に合わせた大きさの梱包材を見つけることは困難であった。希望する大きさや形態の梱包材を購入するまでに、たくさんのサイトを探さなければならなかった。 これだけオンラインビジネスが普及した日本国内においてダンボール箱をはじめとした梱包材専用のオープンマーケットがないことが問題なのである。ティクーンジャパンの提供するオープンマーケットは、日本国内外の梱包材販売業者とそれを求めるユーザーとが出会う場である。 梱包材オープンマーケットには、サイズ検索機能と販売者の地域検索機能がある。 現在、登録されているメーカーは1つだが、今後着実に推進し増やしていく予定だ。日本の中小販売者にとっても良い市場となるだろう。 またオープンマーケット自体の宣伝・広報は全面的にティクーンが引き受ける。これも費用をかけずに販路を拡大させたい販売側にしてみればメリットとなることであろう。 話は変わるがユーザー側は海外製のダンボールも購入することができる。例えば韓国製。 韓国の梱包材製品は日本で競争力がある。安価だが丈夫で種類も豊富である。

【海外経済紙の反応】ティクーン式海外直販「小資本創業アイテムとして脚光を浴びる」

ティクーン式オンライン越境ECが小資本創業として海外で脚光を浴びている。 「ティクーン式越境」とは現地運営サイトを運営し、このサイトを通じて 現地の消費者に直接、販売するシステムをいう。 現地化サイトはティクーンを通じて開設可能であり、海外でモノを売るすべての過程をティクーンが横でサポートする。 個人が一人でオンライン輸出をするよりも、創業までに至る過程が省略できコストも削減することができること、これがティクーン式越境の特徴である。 ティクーン関係者によると、海外直販するにあたり一定の競争力さえあれば、競争相手がほとんどいない場所に出る事で成功確率は非常に高い。という。 続けて国内での競争が激しい学習塾、FC店舗経営、コーヒーショップ、レストランはトレンドや時代の求め方によって成否が変わる一方、 任意のアイテムを持って越境ECに挑戦してもそのような影響を受けにくい。という。 2015年9月、日本市場にマウスパッドや文具類をオリジナル製作販売するECサイトをオープンしたティクーンの利用社の代表者は ティクーンを通じて海外直販に成功した代表的な事例だ。 創業2年で月間売上高1,000万円(2017年9月時点)を突破、9月までの今年の売上高は4,500万円を記録している。 ティクーンの関係者は「どの国でも国内で創業は難しいし、運営しながらも価格競争は熾烈である。 しかし海外ではそうではない。海外にはない優れた製品力を持つ商品を海外に向け直販すれば成功する可能性が高い」とし 「海外直販を知らないか難しく考えている人が多いが、青年創業、引退後の創業、女性創業など小資本で挑戦することができ

総合オープンマーケットtqoonJP「世界で唯一"オーダーメード商品のモール出店が可能"

窪田拓wroteオンライン海外直販をサポートする(株)ティクーングローバルが日本国内企業の出店、または海外から日本への輸出販売を希望する企業にオープンマーケットモール出店を推薦している。 オープンマーケットモールとは誰でも売買することができる開かれた市場を意味するが、個人や小規模

【tqoon越境NEWS】オリジナル紙コップ製品で成功した海外越境ECサイトをご紹介

韓国の大企業の役員出身であったティクーン利用社の経営がいる。 長くティクーンの動向を長く見てきた一人である。 大企業を退職したことを機に2015年から韓国の紙コップを日本に販売する事業を開始した。 その後、ECサイトをオープンして22ヵ月目となる2017年3月から月間売上高300万円を越え、半年後の同年10月には500万円を超えた。 海外越境サイトが月の売上300万円を越える場合、安全圏に入ったと言える。 なぜなら、越境する場合、競合他社がほとんどなく売上は継続して上昇し続けるからだ。 もちろんこのECサイト経営者の手腕や経営能力も功を奏した。 日本国内で紙コップ製品を製作する場合は大量発注が基本である、 この日本での常識に対し1,000個から製作、9営業日発送という商品を販売開始する。 これが消費者のニーズを捉えたのである。 海外製品を販売するからその国の【概念】【価格】【納期】を覆すことができたと判断できる。 海外への越境=海外直販は、大企業や貿易をする企業の出身者が非常に有利である。 経営とマーケティングに知識を持ち、貿易業務も携わった事があれば尚、簡単である。 ある程度の知識や経験、感覚の持ち主である方ならば引退後、海外への越境=海外直販を勧めたい。 ティクーンを利用して海外越境する直販サイトのうち実に15サイトが、この2017年10月に300万円の売上高を越え安全圏に入った。 海外市場への挑戦はtqoon式で実現する事を勧めたい。

[ティクーン伝言]アジアのみ44億人、世界人口は70億人いるに国内でなぜ...

越境すべきです。 簡単な事ではないかもしれません、多くの人が失敗するでしょう。 しかしながら成功する30%のおかげで私たちの社会が変わるでしょう。 世界挑戦を胸に抱く人々が今日も国境を越えています。 アジアのみで44億人が暮らします。 中国の14億 インドの13.2億 インドネシア2.6億 パキスタン2億 バングラデシュの1.7億 日本の1.26億 フィリピンの1億 ベトナムの0.95億 イランの0.83億 タイの0.68億 ミャンマー0.57億 韓国の0.51億 そして世界には70億人が暮らしています。 私たちは2002年から海外直販事業をしており、この業界内周りを見渡した時に海外越境EC事業を正しくしている企業は100社にも満たないようです。大企業だから上手くいく訳ではないのです。 今後、越境ECの比重はより大きくなる事でしょう。世界のオンライン流通網をめぐる戦はすでに激化しています。 大企業は、大企業のとおり小企業は小企業のようにオンライン海外越境ECに乗り出さなくてはなりません。 それにより、より多くの道が開きます。 海外直販は、個人が豊かさを得る事ができる道であり、一国が世界に出ることができる道でもあります。 オリンピックで活躍する選手も一国家の英雄ではあるが、インドやベトナムに越境する中小企業のCEOも英雄です。いくことは当然と思って、挑戦して冒険することを崇めなければ、個人も国も暮らせていけます。 同国内で同国民同士が類似アイテムを持ち寄りぶつかるように競争するのは本当に残念なことだと言えます。

[ティクーンを選ぶ理由】独自ドメインサイトでの販売方法を選ばなければならない理由

ティクーンは日本に印刷物、大型出力物、エアー看板、のぼり、不織布・コットンバッグといったアイテムごとに専門サイトを作って運営します。 この5種類の商品群は、1つのサイト内で販売しても特に問題になりません。 むしろ1つのサイトで販売した方が相乗効果を得ることができます。 ところがティクーンでは、サイト別に作りリンクバナーを配置してそれぞれのサイト間を移動できるようリンク設定しています。 2007〜2010年の間は、印刷物、大型出力物をadprint.jpのサイト内でまとめて販売していました。 その後、2010年に大型出力物をadprint.jpから分離させて大型出力物専門サイトmakumaku.jpを立ち上げました。 2015年からadprint.jp内にあったチラシや冊子製品、プラスチックカード、ポケットフォルダ、ビニール袋、マグネット製品、ポストイット製品、ショッピングバッグ、伝票、各種ノベルティをそれぞれドメイン分離するという条件で各社に分譲しました。 その後、直営サイトとして分離したadflag.jpとad-sign.jpをオープンしました。 この決断は良い選択だったと今でも思っています。 adprint.jpでは売れ行きが良くなかったアイテムもサイトを分離してマーケティングしながら運営する事で売れるようになることがよくありました。 adprint.jpの中にいても積極的なマーケティグをしなかったからほとんど売れなかった訳です。 ティクーンは日本に営業組織があります。 営業組織が顧客に直接会って確認してみると、アドプリントで名刺を買う顧客は名刺だけ、ステッカーだけをいつも

【売上統計公開】こんな売上急成長グラフはEC事業において容易に見ることはできないだろう。

下はティクーンが直営するサイトとティクーンを利用する利用社が運営するサイトの年度別売上表である。 読者の皆様もこのグラフを見てお気付きだろう、前年比売上が落ちたことがないのである。 ティクーンは7つの直営サイトを運営している。2007年の創立以来、売上高は着実に成長してきた。同じように運営する利用社が成長するのは当然であり、利用社全体の売上高総額も増えている。 国内EC事業も越境でも伸び悩むECサイトが多い中、本当に急成長しているといえるだろう。 理由は、極めて単純。 アイテムに競争力があることもあるが、一番は競合他社がいないからである。 開かれた新たなフィールドへ早期越境をおすすめしたい。 このような理由から、私たちは積極、海外への越境に希望や活路を見出すことを提案している。国内でのECサイト運営で、このような成長グラフのように成長すること自体困難である。 積極的な越境EC事業を私たちティクーンと共に実現してほしい。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • tq
  • Instagram
LINE_APP.png