tqoon news

[海外経済誌ファイナンシャルニュース掲載] 海外直販「現地化独立サイト」で成功する可能性はますます高くなる。

海外直販が身近に、そしてますます容易になった。 海外直販とは自国に居ながらにして海外のユーザーを対象に、直接販売することを指します。 これまではその過程が複雑で、成功の可能性も不明であったこともあり、気軽にチャレンジできるビジネスでは、なかったことは事実である。 しかし、ティクーンの登場で現地言語はもちろん配送方法、決済方法、交換、返金などのすべてのシステムをローカライズ。 独立サイト方式で海外直接販売の成功する可能性を高める画期的な方法として注目されている。 ローカリゼーション独立サイトで成功する可能性が特別高い理由は何だろうか? 独立サイトはティクーンが開発した。 一問一答を通じて調べてみた。 Q.海外直販、独立サイト方式のサービスが今、注目される理由は何ですか? A.自国に居ながらにして海外へ販売するのだが、消費者である海外ユーザーは海外のサイトから購入したとは思えないのである。 これは配送、決済、交換、返金の処理・対応が現地の他サイトと同じだからである。 したがって商品力、技術力が良い、国内商品が現地で売れるしかないのである。 また、ティクーンを利用して海外直販する企業は商品をHPに登録し、 ネイティブスピーカーを採用し、顧客応対させます。マーケティングもする必要がある。 国際 - 国内発送、請求、返金、返品、オフライン営業はティクーンがサポートする。 ティクーンを通せば、海外直販が容易に身近なものとなる。 また成果も目に見えるように確認できるので注目されているのです。 Q.ティクーンのグローバル独立サイトサービス、その成果を聞きたい。 A.ティクーンは昨年「1万ドル輸

【海外直販NEWS】米国向けステッカー販売サイト、ランチングに向けて

ティクーンは、各種印刷物・ステッカー・のぼりや垂れ幕など実写出力物・不織布バッグ・各種看板・プラスチック容器・団体Tシャツなどを直営サイトで販売しています。 すべてが成功しました。本当に大成功でした。 これらのアイテムたちを米国向けに次々に分譲していく予定です、米国向けステッカーサイトはすでに99%を分譲しました。 合わせて私たちの売上統計とノウハウもすべて公開し、海外直販を紹介して勧誘しています。 一方、人々の海外挑戦は慎重という表現を飛び越え、過度に臆病な部分を発見することも多々あり本当に驚いています。 お隣、韓国の首都ソウル市にある繁華街として有名な明洞【ミョンドン】の隣町に忠武路【チュンムロ】という印刷街があります。 私たちの韓国オフィスは、ここ忠武路にあり国中の印刷、販促物の80%を担うほど多くの印刷物、販促物業者がこの街には溢れています。 そしてこの街では、印刷の「いろは」も知らないティクーンが印刷物・販促物を海外へ直販して成功を収めたという事実を知っている人もかなり多い。 しかし、この街の方々は説明を聞いても挑戦せず。お金があっても挑戦しないのです。 確かに各々の人生だからとしても、とてももどかしい気持ちになります。 過去の鎖国主義者に近い印象さえ受けます。 「挑戦だ、冒険しよう」という気概は全くなく、ただ小さな部屋の中で立ち往生し、近ごろ景気が悪い、もっと売りたいのに。どうしたら。と日々嘆いているようにさえ見えます。 冒険して挑戦する風土が蔓延してこそ発展に繋がると信じています。 世界人口は70億、広大な商圏があるのにも関わらず、 パン屋、学習塾、ファーストフー

ティクーンジャパンは、日本の4大総合ショッピングモールになります。

ティクーンジャパンは、日本での4大総合モールとなります。 韓国のオンラインショッピングモール【クーパン】に孫正義氏が経営する日本のソフトバンクがが10億ドルを投入したにもかかわらず、大手ショッピングモールへの出店するビジネスは生か死か。という表現もおかしくないほど競争は激しく、また諸費用も嵩みます。 大企業に比べ資金も少ないティクーンが総合ショッピングモールを作って4大総合モールと呼ばれるようになると言えば、おかしな事を言っているという意見もあるかもしれません。 しかし、ティクーンジャパンはこの事業かならず成功させます。 ティクーンジャパンは必殺コンテンツを持っています。インターネット事業はコンテンツの戦いとも言えます。 1・日本の出店社には販売手数料無料で容量無限大のショッピングモールが提供されます。 最強のマーケティングは無料マーケティングです。古今東西を問わず、無料は誰もが好みます。一見ではそこまで魅力がない商品でも無料配布すれば並ぶのが人の心理です。 ティクーンジャパンは、日本販売者に出店費無料と販売手数料無料に加え、容量無限大の独自ドメインサイトを提供しています。 ヤフーや楽天など他ショッピングモール出店費用、さらには販売手数料までかかります。ティクーンジャパンには何もありません。 ティクーンジャパンは、容量無限独自ドメインと運営しながら集めた顧客DBを活用できるようにします。 販売者が入店しない理由はありません。売り手が集まれば商品が増え、商品が増えれば顧客が来ます。水が高いところから低いところに流れるように自然なことと言えます。 出店費と手数料が無料なら、売り手は

ティクーングローバルが日本に総合オープンマーケット【ティクーンジャパン】を開設。

(株)ティクーングローバルが日本にYahoo!や楽天といった総合ショッピングモール「ティクーンジャパン」をオープンさせます。 ティクーンジャパンを利用すれば、海外への販路が拓けます。現地の売り手と全く区別されず、国内に居ながら商品登録し、直接販売することができます。 ティクーングローバルが現地法人を活用し法人代行の役割をし、営業、航空配送、現地の決済、海外配送、返金、返品までをトータルサポートします。マーケティング方法もご提案できます。 このティクーンジャパンを利用すれば、自社操業もでき、オープンマーケットも利用できます。 初期販売サポート オープンマーケットに出店する初期段階でティクーンが次のようにサポートします。 1.商品の登録 マーケティングセッティングは、顧客応対をサポートします。 サポート費用は、1日15,000円(税別)を課金します。 広告費や国際送料などは、従来通りティクーン利用となります。 ティクーンは、販売者がサイトを運営することを基本とします。ティクーンは商品登録やマーケティング、各種セッティング、顧客応対をする会社ではありません。 初期段階で基本操作をサポート致します。早期に販売者自身で操作できるようサポートします。 ティクーンはより多くの企業をサポートする事が目標です。 2.サポートは販売開始後45日までです。 それ以降は、販売者が直接操作、管理する必要があります。 3.独立サイト構築も1日15,000円(税別)を課金します。 独立サイトの構築が必要な場合、同様に日単位で課金されます。 4.販売手数料 ティクーンジャパンを利用して販売するとティ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • tq
  • Instagram
LINE_APP.png