tqoon news

ショッピングモール依存型ではない、独自ドメインで運営するティクーン現地化越境ECとは

数年前、Tmall(天猫)が越境ECサービスとして新たにスタートさせたのが Tmall グローバル(天猫国際)です。 このTmall グローバルは他のショッピングモールと何が違うのか。 中国国内へ販売が難しかったアイテムでも販売できるようになったという事である。 これは現地(中国人)ユーザーが商品を購入するたび日本から発送するため、 これまで以上に多くのアイテムを販売する事ができるようになったと脚光を浴びました。 ここでもう一度、私たちが行うtqoon越境支援サービスと何が違うのかご案内させて頂きます。 私たちの提供するサービスも現地ユーザーが商品を購入するたび 日本から発送する方式です、この点では Tmall グローバル と同じです。 冒頭で紹介したTmallグローバルやAmazonといった既存のショッピングモールに出店する方式の越境方法では簡単に越境できるように感じられますが、、、 限られた空間の中でしか販売しかできない点、 自社ブランディングの確立や 顧客情報収集ができないためリピーターを作りづらい環境である点、 マーケティング方法も自由ではない事。そして完全な顧客情報が得られない事。 そして大勢がこぞってこの方式で越境しようとするため、中小企業の越境成功は更に困難を極めます。 このように問題点を上げようと思えばキリがありません。事実ショッピングモールに出店し、海外へ販売し大成功したという企業は見たことがないのが本音です。 ショッピングモールに依存する事で生じるこれらの課題点は長く運営していくうえで最大のデメリットとなり、運営継続ができないほど負担となっていく

【海外経済誌:世界日報】12億円現地化海外直販サポートのティクーンCEO【海外直販ショッピングサイトは創業しやすい】

国内のオンラインショッピングモール市場は飽和状態、言わばレッドオーシャンである。 海外市場がブルーオーシャンだと話しても、過程が複雑で難しいと考え、チャレンジしない人々が多い。 しかし越境ビジネスのすべての過程をサポートする企業がある場合、話は変わるだろう。 株式会社ティクーングローバルはローカライズ独立サイト方式のプラットフォームを介して海外直販をサポートしている企業である。 2007年に自社が直接、海外へ販売を開始し2014年から現地化独立サイト方式という、海外直販プラットフォームを開発しこれまで多くの企業を海外に進出させた。 ティクーンを通じて海外直販する企業の昨年の売上高は12億円以上。ティクーンはこの実績をもとに1万ドル輸出賞も受賞した。 韓国法人ティクーングローバル、キム代表は「海外直販ほど費用対効果が良いビジネスはないのに、国内に活動制限する必要はない。まずはブルーオーシャンに飛び込む事が重要だ。」 と強調する。 キムCEOを通じて海外直販の可能性を聞いた。 Q.ティクーンの海外直販サービスが注目される理由は何ですか? A.成果がはっきりするからである。ティクーンは昨年1万ドル輸出の賞を受賞した。 印刷物や看板のような、ごく一般的な製品を販売して31社が成功を収めた結果だ。 特別ではないものを販売し、短い期間にこのような成果を出した事が注目された要因だと考えている。 また実際には海外から販売するが、消費者は自国サイトから購入していると認識する。 問い合わせ、配送、決済、交換、返金などの各種処理、諸対応が自国サイトでショッピングする時と同じ対応だからである。 したが

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • tq
  • Instagram
LINE_APP.png