tqoon news

【海外越境NEWS】海外直販専門企業である株式会社ティクーングローバルが12日付けで韓国専門貿易商社として選出

【産業日報】海外直販専門企業、株式会社ティクーングローバル(以下「ティクーン」)が、12日付けで韓国専門貿易商社として選出される 専門貿易会社は産業通商資源部と韓国貿易協会が選定し、この日韓国ソウル市内の三成洞トレードタワーで開催された。 「2018専門貿易商社の日」の行事を通じティクーンをはじめポスコ大宇、CJオーショッピングなど19社が専門貿易商社として新たに選出された。 専門貿易商社制度は内需中小企業の海外販路開拓を支援するために、過去2014年9月に導入されたものである。 現在国別、品目別の専門性を保有する韓国内240社が中小企業の製品を世界中に輸出している。 昨年の専門貿易商社の中小企業製品の輸出代行実績は約32億5000万ドル(約3,538億円)だ。 主な輸出品目は、化学工業製品や機械、プラスチック製品などである。 ティクーンは2007年に現地化独立サイト形式の海外直販ソリューションを開発し、日本、中国、シンガポール、インド、アメリカなど海外への輸出支援をする海外直販専門企業である。 長年の経験をもとに、各国現地の事情に合わせたホームページ開設と法人の役割代行など 外国にサイトをオープンして製品を販売しようとする創業者を支援する。 ティクーンのプラットフォームを利用すれば、HP構成を現地に合わせディスプレイ、デザイン、支払方法を備えたホームページ開設が可能である。 現地精算システム、現地宅配会社利用、現地カスタマーサービス開設をはじめ、 商品登録やメンテナンスなどの運営全般とマーケティングをサポートしているため、創業者は現地販売に集中すること

【海外越境NEWS】現地アメリカで日本人を採用して日本市場に越境オンラインサイトを開く

ティクーンUSAはニュージャージー州の協力企業チャステイン社です。 現地日本人を求人中であり面接を経て採用直前の状態にあります。 さらにチャステイン社は日本市場にアメリカ製品の販売サイトをオープンする準備中にあります。 ニュージャージー州で日本語ネイティブスピーカーを現地採用し顧客応対業務を行います。 日本のインターネットフォン(IP電話)をニュージャージー州で使い、遠く離れた日本からの問い合わせや見積依頼として担当する事になるのです。 弊社から見ても本当に良い越境直販のモデルケースだと考えており今後楽しみなチャレンジです。 この記事を読んでくださっている皆さまにもお伝えしたい事があります、 もっと世界市場へ挑戦してほしいと考えております。 日本に居ながらにして越境が可能なのです。 日本からアメリカに。 中国から、インドから、 トルコからイギリスに越境直販するのです。 自国内の狭い商圏にこだわり続ける必要は全くないのです。 ビジネスにおいて苦労する人々と同じ道へ進むのではお金は稼げません。 その道の先には同じような業態の企業がうまく進めずに進路は既に詰まっています。 同じ商品、似た商品を持ち合う競合他社がいないマーケット、 他の人がしない方法を選択する事、それこそが生き残る道なのです。 挑戦と冒険が 企業の本質と言えます。 日・韓・中という国家間で始めたティクーングローバルのネットワークも 現在は下のように世界都市に直営海外法人および協力会社が増え続けています、 2018年4月現在 世界展開するティクーン 日本:東京、大阪 韓国:ソウル、釜山 中国:上海、長沙、 林州 シンガポ

2018年度、新年度のスタート!tqoon方式の越境ECで海外進出

2018年度、新年度のスタート!tqoon方式の越境ECで海外進出 tqoon(ティクーン)は海外市場へ進出したい企業を強力にバックアップします。 私どもは長年、実際に越境ECでビジネスをしてきました。 何をどうすれば売れる仕組みが作れるのか、そのノウハウを持っています。 数ある越境勉強会に参加し、海外のショッピングサイトへ出店するのでは 越境してビジネスをしているとは言いきれません。 これまで何度も掲載してきた内容ですが越境成功のカギは【現地化】です。 現地化はtqoonの根幹と言っても過言ではありません。 カスタマーサービスはネイティブスピーカーが対応し、 現地サイトと同じ決済方法を採択。 海外からの国際郵便ではありません、現地の宅配業者がお届けします。 外国のショッピングモールへ出店し、商品を出品する方法ではありません。 現地顧客が外国企業に注文する際に生じるストレスがないのです。 これが越境ECにおいて私どもが徹底している現地化なのです。 現地のショッピングモールへ出店し、ショッピングモールで許された機能を使い、 たくさんの業者に並び出店するのでは、やっとスタートラインに立った。 それまでです。そこから先は更に非効率的です。 機能制限される中で、ろくに自由なマーケティングも出来ず、 ライバルたちに埋もれていくのが真の越境ビジネスと言えるでしょうか。 私どもの提供する越境は【独自ドメイン】でのサイト運営にあります。 巷では独ドメなんて言われていますね。 ドメイン取得後、サイト構築用のフォームをお渡ししますので商品登録して頂き

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • tq
  • Instagram
LINE_APP.png