tqoon news

5万円以下で製作、優勝旗新発売

アドプリントのグループサイト、プリントリー(www.printory.jp)の取り扱う商品に優勝旗があります。 優勝旗は学校や会社のシンボル旗としてよく使われています。 価格は80×120㎝サイズで49,999円(税込)、90×135㎝サイズは69,990円(税込)です。 旗に文字を追加で入れる場合も無料でご対応いたします。 旗の色は高級感溢れるレッドや落ち着いたネイビーなど全11色をご用意いたしております。 それぞれのイメージカラーに合わせたオリジナル旗がリーズナブルな価格で製作できます。 注文完了から最短の場合10営業日目に工場より出荷いたします。 くわしくは>>

【社員ブログ】傾聴、共感、辛抱

クレームをされるお客様がいらっしゃいます。 最近の会社員たちは、このような顧客にはどのように対応するべきかよく知っています。 新入社員もよく知っています。 特にカスタマーサポート部署への入社を希望する人は詳しく知っています。 メディアやインターネットを通して様々な情報を見ているからです。 それに加え、デパートやマートなどでわたしたちが直接、体験と学習をしているからでもあります。 怒っている顧客の応対をする際に一番肝心なのは話を聞く事です。 ただ単に話を聞くのではなく 「傾聴」 が重要です。 傾聴は問題を解決する前の段階の立場で聞くことです。そして集中して聞きくことです。 では、傾聴とはどのようにすることでしょうか? まずは相手の意見を正確に把握することです。そして更にもう一段階上は、その人が言いたくても上手く言えないことまでをまとめて把握してあげることです。更に相手の感情を受け入れるのが重要です。 三つ目は「脈絡の把握」です。 話を聞いたら次に問題の解決段階へと進みます。 傾聴にもコツがあります。 勉強をする時も、ただ単に一生懸命やるのではなく、そのための方法を探すのが肝心です。同じく傾聴にも方法があります。傾聴の一番基本的な方法は「復唱」することです。 「商品のクォリティーが低すぎる」 「あ、商品にご満足いただけなかったのですね」 「印刷物にインクの跡がついている」 「あ、印刷物にインクの汚れがございましたか」 「注文した枚数より少ない」 「枚数が不足しておりましたか」 何も考えず、顧客の言葉を復唱します。とてもシンプルです。これだけでも怒りを落ち着かせてくださるお客様は多い

【社員ブログ】印刷通販に営業社員がいることの意義を作る

2011年からアドプリントの営業部に所属するKさんのスローガンは「印刷通販に営業社員がいることの意義を作る」です。 当初のアドプリントは印刷会社と言っても取り扱い商品が多くなかったため「安い」「速い」「良い」という利点を提案するため関東中を歩き回ったり、ときにはバスやタクシーの走らない山道を1時間以上も歩き営業に行ったりしたそうです。 大変だったこと、おもしろかったことなどを振り返りながら会社とともに成長していくKさんのブログです。 社内ブログ本文より 『印刷通販に営業社員がいることの意義を作る』 2011年にたった1人営業部に着任した当時から私はこれをスローガンにして今日まで営業活動をしてきました。 着任当時 印刷通販会社の営業社員だ。と挨拶をすると驚く方が多かった印象が強く残っています。オンライン通販会社の営業社員というものが今より一般的ではなく珍しく見られました。 印刷通販会社と言っても取扱製品は多くなかったため「安い」「速い」「良い」という利点を提案する為、関東中を歩き回っていました。 薄利多売のアイテムであったので営業が売上を直接上げるというよりは、新規顧客を作ったり、既存顧客の売上UPを主営業目標として活動していました。 広告代理店や大企業広告会社への訪問を重ね、経験を積んでいました。 しかし中には時間をかけて訪問したのに「この文字は赤色の方が綺麗ですか?意見を聞かせてください」とデザインの事を質問されたり、ある育児施設に訪問した時はベビーシッターのような仕事を依頼されたり、バスやタクシーの走らない山道を1時間以上も歩いたり… 25万人もの会員

韓国直販ナチハマ猛烈に活動中

アドプリントが作った越境直販をサポートするのはティクーンプラットフォームです。 そのティクーンプラットフォームを利用して韓国に独立型サイトをオープンさせたナチハマが 売上げを出し始めました。 ナチハマは洗剤を使わずにお風呂やキッチンなどをきれいにできるエコ掃除用品を取り扱っており、 日本でも広く知られている会社です。 ナチハマはアドプリントが運営するティクーンプラットフォームを利用して韓国のショッピングサイトを運営しています。 ナチハマのサイトは韓国の数多く存在するショッピングサイトとまったく区別がつかないサイトで日本の商品を販売し ています。 ナチハマは国内アドプリントとアドプリント韓国法人ティクーンを利用し、販売商品を事前に韓国ティクーンに送り販売 しています。 ナチハマはフェイスブックやインスタグラム、ネイバーなどを通して韓国に広報しています。 顧客電話対応はインターネット電話を日本国内に設置し、行うことが可能ですが、ナチハマは現在韓国国内で運営し ています。 アドプリントは海外進出をする企業のために、その国に合わせたサイトを準備し、オープンさせ、運営できるように サポートをしています。 ---------------------------------------------------------------------------------------------- 株式会社ナチハマ 「自然環境と人々の健康を守る」、「世界の水質汚染をへらすこと」がコンセプト。 ナチハマの環境にやさしい商品を日本だけでなく海外にも広く広げていきたいと考える。 今回はナチハマ代表取締

【社員ブログ】展示会の効果はあるのだろうか?

展示会の効果はあるのだろうか? 実証するデータはとれるのか? アドサインは2017年から今年まで年間2回ずつ持続的に展示会に出展してきました。 展示会出展を振り返り、実際その成果が出ているのか、その成果をどうすれば証明できるか、という疑問から考えを書いたブログです。 -------------------------------------------------------------------------------------- 社内ブログ本文より 「展示会の効果」 アドサインは2017年から今年まで年間2回ずつ持続的に展示会に出場してきたためか、展示会を毎年恒例行事のように当然のことだと認識していました。 展示会は本当に効果があるのか。 この質問は部署内でも何回も討論してきた主題です。 最近プレミアムインセンティブ展示会への出展を検討しながらも、再び討論を行いました。 "やはり出展するだけの価値がある“という結論に至りました。 展示会の効果を検証するデータがあるか。 心証はあるが物証がない。良い比喩ではなさそうですが他の適当な表現が思いつきません。 展示会は効果測定が非常に難しいです。 間接支援としての役割が大きく、実を結ぶまでかなりの時間がかかるからです。 結局ある程度は関係者の直観的評価を信じるしかありません。 それでもできるところはできる限り点検するのが当然なため、2017年に初めて出場した展示会の記録から もう一度見直すことにしました。 2017年2月に出展したプレミアムインセンティブ展示会より直接売上に至った

ぷっくり立体感マグネット新発売

今回発売されたのはぷっくりとした質感の立体型「エポキシマグネット」です。 基本形をはじめ、ハート形や六角形など、合計13種類の形をご用意しております。 印刷部分に使用する紙材質はホワイトだけでなく、キラキラ光るホログラムやシルバーなど、 合わせて5種類からご選択いただけます。 料金もお求めやすい価格でご提供いたしております。 例えば、正方形(大)50×50㎜100個注文の場合、1個あたり324円です。 ハート形(大)でも55×47㎜100個注文時、1個あたり324円です。 13種類のテンプレートからお好みの形を選んで写真や画像を入れるだけの簡単注文です。 まずはテスト製作がしたい、自分だけの記念にしたいとお考えの場合でもご安心ください。 1個から注文可能です。 くわしくは>>https://bit.ly/2zMlqtd

1枚から製作「デジタル印刷名刺」新発売

「デジタル印刷名刺」は「高級用紙名刺」や「部分ニス加工名刺」などの ように、5つに分けて商品化いたしました。 1枚から製作できるデジタル印刷名刺はビジネスシーンの使い分けにも便利 です。 高級用紙名刺は上品なマシュマロホワイトやゴールドシリオパールなどの 7種類をご用意しております。 高級用紙使用でありながら1枚あたり約15円です。(100枚注文時) 部分ニス加工名刺はインパクトを付けたい部分にニス加工が可能です。 ニス加工を施しても1枚あたり約51円とリーズナブルです。(100枚注文時) 特別なシーンで、特別な人に、こだわった特別な名刺を渡すために… デジタル印刷名刺をご準備しておくのはいかがですか? くわしくは>>https://bit.ly/2EcVWZL

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • tq
  • Instagram
LINE_APP.png