ティクーンの魅力:完全現地化

こんにちは、東京オフィスの松田です。

今回は皆さんにティクーンの魅力「現地化」についてお伝えしたいと思います。

海外で商品を売るためのプロセスとして、現地化は外せません。

もし皆さんがあるサイトで商品について問い合わせたいと思い、

電話をかけたら片言の日本語で外国人が対応していたら、どんな印象を受けますか?

おそらく多くの方が「ん?なんか変だな?海外のサイトなのかな?大丈夫かな?」と

不安感、不信感を抱くと思います。

直接顔が見えない電子商取引では、顧客の信頼を得ることがオフラインよりも難しいです。

顧客がサイトを見た際に、「ここなら安心して買えそう」という印象を与えなければなりません。

そのためには、現地のサイトと全く同じシステムを採用します。

弊社ティクーンは、韓国、中国、シンガポールにそれぞれ現地法人を持っています。

そのため現地の決済会社、宅配会社と契約可能となります。

また、現地のドメインを購入し日本に住んでいるネイティブスピーカーを雇用することで、

現地のECサイトと全く区別できない、「違和感のない」サイトを構築できます。

違和感のないサイトならば疑うことも無く、顧客も安心して購入できます。

この他にもティクーン式越境ECにはメリットがたくさんあります。

弊社では月に1回、相談会を兼ねた説明会を開催しております。

東京会場は次回3月22日(水) 15:00~17:00、新宿にて開催予定です。

ご興味のある方は、HP内よりご申請をお願い致します。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • tq
  • Instagram