[営業の秘訣] 一円でも安く

ティクーンが初めて日本に名刺を販売した時、500枚を980円で売りました。

当時、日本市場で一番安い企業は100枚を2300円で売っていました。

ティクーンは安さで勝負しました。

そして基盤を作り9年半が過ぎた現在、他の商品も含めて昨年は12億円を販売しました。

安さが一番のマーケティング手法です。安く売ることはお客様が一番求めていることです。

しかし、多くの方々がすぐに利益に飛びついて、安く売ることができないのが現状です。

最初は広告費や運営費など、計算すれば必ず赤字になるのがECです。

EC業はリピーターを増やすことで、黒字に変わります。

EC事業とは集客し、リピーターを増やす事業なのです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • tq
  • Instagram