③シンガポール編-越境EC市場の規模を基本情報と共にお届け致します。

~シンガポールの基本情報~

国名:シンガポール共和国

公用語:英語、中国語(簡体字)、マレー語、タミル語

首都:シンガポール

通貨:シンガポールドル (1シンガポールドル=約80円)

人口:約560万人

面積:約720km2 (東京23区とほぼ同じ)

宗教:仏教、道教、キリスト教、イスラム教など

時差:日本時間よりー1時間

インターネット普及率:約82%

インターネット利用人口:約450万人

主なドメイン:.sg

越境EC市場規模:約3500億円

成田空港からシンガポール・チャンギ空港まで:約7時間半

検索エンジンはGoogleが約90%のシェアを占め、ほぼ独占状態にあると言えます。

ソーシャルメディアではフェイスブックが人気です。

金融界の中心的存在であるシンガポールでは、

クレジットカード普及率はきわめて高く、ECでの決済にも好んで使われています。

その他にもPaypalや電子マネーのNETSがあり、Apple Payも導入されています。

また代表的なショッピングモールはQoo10です。

需要のある日本の商品としては、

化粧品などの美容関連の物、ベビー用品、スナック菓子などが挙げられます。

シンガポールの市場調査は、Google Singaporeで英語にて検索を行いましょう。

市場調査チェックリストはトップページ中段より無料でダウンロードして頂けます。

また詳細は説明会でもご案内しております。

次回は6月29日(木)、参加費は無料ですので、お気軽にお越しください。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • tq
  • Instagram