[ティクーンを選ぶ理由】独自ドメインサイトでの販売方法を選ばなければならない理由

ティクーンは日本に印刷物、大型出力物、エアー看板、のぼり、不織布・コットンバッグといったアイテムごとに専門サイトを作って運営します。

この5種類の商品群は、1つのサイト内で販売しても特に問題になりません。

むしろ1つのサイトで販売した方が相乗効果を得ることができます。

ところがティクーンでは、サイト別に作りリンクバナーを配置してそれぞれのサイト間を移動できるようリンク設定しています。

2007〜2010年の間は、印刷物、大型出力物をadprint.jpのサイト内でまとめて販売していました。

その後、2010年に大型出力物をadprint.jpから分離させて大型出力物専門サイトmakumaku.jpを立ち上げました。

2015年からadprint.jp内にあったチラシや冊子製品、プラスチックカード、ポケットフォルダ、ビニール袋、マグネット製品、ポストイット製品、ショッピングバッグ、伝票、各種ノベルティをそれぞれドメイン分離するという条件で各社に分譲しました。

その後、直営サイトとして分離したadflag.jpとad-sign.jpをオープンしました。

この決断は良い選択だったと今でも思っています。

adprint.jpでは売れ行きが良くなかったアイテムもサイトを分離してマーケティングしながら運営する事で売れるようになることがよくありました。

adprint.jpの中にいても積極的なマーケティグをしなかったからほとんど売れなかった訳です。

ティクーンは日本に営業組織があります。

営業組織が顧客に直接会って確認してみると、アドプリントで名刺を買う顧客は名刺だけ、ステッカーだけをいつも購入する顧客はステッカーだけを買う傾向が強かった。

もちろんクロス購入も起こりましたが、そのクロス購入だけで売上が軌道に乗るには至りませんでした。

商品を販売するには、その商品だけを別に積極的なマーケティングする必要がしました。

もちろんアマゾン、タオバオ、楽天、eBay、Yahoo程度の規模ならわかりません。

とお断りさせて頂きますが、このような大型ショッピングモールでの販売の場合はアイテムごとに売り手が多くいるので、自社または自社アイテムが埋もれないようにユーザーに認知させ続ける必要があります。その投資も必要となってきます。

私たちの経験では独自ドメインでのサイト運営でも、ショッピングモールに出店する場合でも成功の鍵は積極的な広報にあると考えています。

大規模ショッピングモールに出店すれば売れる!という考え方は絶対にありません。

広報、マーケティングが絶対条件です。どんな販売方法でも積極的に広報する事で売ることができます。

これは非常に重要なルールを発見したと考えています。

独自ドメインでのサイト運営でも、モール出店でも積極的に広報、マーケティングする事で売れるということです。

ところが積極的なマーケティングをするには独自ドメインでのサイト運営が何十倍有利です。皆さんもそうだと思うのですがショッピングモールで物品を購入すればショッピングモールで購入した事実を覚えているだけで、どのような出品者から購入したかまでは覚えていないのが現実です。

皆さんはショッピングモールで購入した商品の販売者をどこの何という会社で他にどんなアイテムを主力とする企業か正確に言えますか?

商売はいかにリピーター集めるか、だと言えます。

リピーターを集め自社サイトを覚えさせる必要があります。モール出店ではブランディングは困難なのです。

長い目で見た時にモール出店での限られた広報よりも、独自ドメインでのサイト運営でブランディングを推進する方がはるかに低予算で高効率です。

これらの理由により越境EC(電子商取引)は独自ドメインでのサイト運営でなければならないと考えに至ったのです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • tq
  • Instagram