【海外経済紙の反応】ティクーン式海外直販「小資本創業アイテムとして脚光を浴びる」

ティクーン式オンライン越境ECが小資本創業として海外で脚光を浴びている。

「ティクーン式越境」とは現地運営サイトを運営し、このサイトを通じて

現地の消費者に直接、販売するシステムをいう。

現地化サイトはティクーンを通じて開設可能であり、海外でモノを売るすべての過程をティクーンが横でサポートする。

個人が一人でオンライン輸出をするよりも、創業までに至る過程が省略できコストも削減することができること、これがティクーン式越境の特徴である。

ティクーン関係者によると、海外直販するにあたり一定の競争力さえあれば、競争相手がほとんどいない場所に出る事で成功確率は非常に高い。という。

続けて国内での競争が激しい学習塾、FC店舗経営、コーヒーショップ、レストランはトレンドや時代の求め方によって成否が変わる一方、

任意のアイテムを持って越境ECに挑戦してもそのような影響を受けにくい。という。

2015年9月、日本市場にマウスパッドや文具類をオリジナル製作販売するECサイトをオープンしたティクーンの利用社の代表者は

ティクーンを通じて海外直販に成功した代表的な事例だ。

創業2年で月間売上高1,000万円(2017年9月時点)を突破、9月までの今年の売上高は4,500万円を記録している。

ティクーンの関係者は「どの国でも国内で創業は難しいし、運営しながらも価格競争は熾烈である。

しかし海外ではそうではない。海外にはない優れた製品力を持つ商品を海外に向け直販すれば成功する可能性が高い」とし

「海外直販を知らないか難しく考えている人が多いが、青年創業、引退後の創業、女性創業など小資本で挑戦することができる唯一の方法である」と説明した———

海外直販、海外ショッピングモール創業、海外創業等、越境ビジネスに関するお問い合わせはお気軽にご連絡ください、ティクーンジャパン社員一同お待ちしております。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • tq
  • Instagram