ティクーンジャパンは、日本の4大総合ショッピングモールになります。

ティクーンジャパンは、日本での4大総合モールとなります。

韓国のオンラインショッピングモール【クーパン】に孫正義氏が経営する日本のソフトバンクがが10億ドルを投入したにもかかわらず、大手ショッピングモールへの出店するビジネスは生か死か。という表現もおかしくないほど競争は激しく、また諸費用も嵩みます。

大企業に比べ資金も少ないティクーンが総合ショッピングモールを作って4大総合モールと呼ばれるようになると言えば、おかしな事を言っているという意見もあるかもしれません。

しかし、ティクーンジャパンはこの事業かならず成功させます。

ティクーンジャパンは必殺コンテンツを持っています。インターネット事業はコンテンツの戦いとも言えます。

1・日本の出店社には販売手数料無料で容量無限大のショッピングモールが提供されます。

最強のマーケティングは無料マーケティングです。古今東西を問わず、無料は誰もが好みます。一見ではそこまで魅力がない商品でも無料配布すれば並ぶのが人の心理です。

ティクーンジャパンは、日本販売者に出店費無料と販売手数料無料に加え、容量無限大の独自ドメインサイトを提供しています。

ヤフーや楽天など他ショッピングモール出店費用、さらには販売手数料までかかります。ティクーンジャパンには何もありません。

ティクーンジャパンは、容量無限独自ドメインと運営しながら集めた顧客DBを活用できるようにします。

販売者が入店しない理由はありません。売り手が集まれば商品が増え、商品が増えれば顧客が来ます。水が高いところから低いところに流れるように自然なことと言えます。

出店費と手数料が無料なら、売り手は安く売ることができます。

楽天、アマゾン、ヤフーで競争力がない売り手もティクーンジャパンにお店を開いて安く売ることができます。

【10%でも安く】これは商売人にとっては絶好の機会です。

時間をどれだけ早められるか。これだけが宿題です。ティクーン利用社募集時にすでに我々は参加企業を集めてきました。SNS活用で着実に広告し、着実に増やしてきましたが速度が問題です。

2・海外で独占供給される絶対的需要のある商品があります。

コスパは先に述べた【無料】の次に強力なマーケティング手段です。

安ければ買います、これは世界共通です。

ティクーン直営の商品はコスパ重視です。これはティクーン利用社の商品も同じです。

これらの商品はティクーンジャパンでのみ購入することができます、すべての商品がコスパ最優先である必要はありません。

魅力的な商品が数点あるだけであとは一般的な商品でも、そのモールに顧客は集まります。

ティクーンジャパンは日本、韓国、中国、シンガポール、インドから独占供給される商品が、すでに多く、今もなお増え続けています。

楽天とヤフージャパンでは、外国からの売り手が活発に活動していません。

アマゾンジャパンは、Amazonが所有しますが外国からの販売者がほとんどいません。

越境支援システムがないからです。しかしながらティクーンジャパンは、実際は海外販売でも現地業者のように見える越境活動を支援しています。

そもそもティクーンは最初から越境をサポートしようとしたシステムです。ティクーン直営の越境サイトだけ見ても競争力は強大です。

ティクーンジャパンの顧客が増えれば海外からの販売者も増加します。以降益々ティクーンジャパンの集客力は大きくなります。

好循環が形成される越境はトレンドと将来のビジネスであり、ティクーンジャパンは成長を続けるしかないのです。

3・注文 - サイズベースのオープンマーケットです。

人々は印刷物などの商品を購入するとき、ヤフーのオークションやショッピングモール、楽天、アマゾンなどのショッピングモールを利用しません。梱包材なら梱包材専門サイトで購入します。

既存のオープンマーケットは、既製品取引のみ適合していて各種印刷物や看板などのオーダーもの、サイズごとの商品を取引することは困難だと言えます。

オーダーメードのオープンマーケットがあったとしても非常に不便です。

従って顧客は専門サイトに集まり、既存の総合ショッピングモールを開きません。

ティクーンジャパンは梱包材オープンマーケットがあります。印刷物オープンマーケットがあります。

プラスチック容器の専門オープンマーケットがあります。オーダー&サイズベースのオープンマーケットがこれからも増え続けます。

梱包材オープンマーケットだけだとしても日本全国の消費者、販売者を集めることができます。

私たちはこれだけでも大きな事業になると思っています。

お客様が集まればティクーンジャパンは役割を果たしたと言えます。

そして事業が大きく回り始めれば大規模な投資も誘致できます。

4・ティクーンジャパンに入店するとすぐに東アジア圏、シンガポール、インドに直販することができます。

ティクーンを利用し越境直販することができるように、日本の販売者もティクーンを利用すれば他の(ティクーン展開)国へと越境販売できます。

ティクーンジャパンに入店した瞬間すぐにシンガポールへ直販することができ、期間を置いてから他の国へも直販することができるのです。

これは時間が経過すると共に強力な武器となることでしょう。

5・実績は積もり、主に法人20万の顧客を保有しています。

ティクーンは昨年、越境直販で21億円の実績を達成しました。

そして私たちは外部投資なしに成果を出したのです。結果20万の会員を保有しています。

ティクーンジャパンは一つの優れたコンテンツしかないのではなく、いくつもの必殺コンテンツを備えています。

海外直販分野10年の実績が蓄積されています。

私たちには長年の経験と実績を通じて養った勘と実績があります。

今後ティクーンジャパンは急成長します。

ティクーンジャパンが最高のショッピングモールと称されない事の方がむしろ不思議なくらいです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • tq
  • Instagram