[海外経済誌ファイナンシャルニュース掲載] 海外直販「現地化独立サイト」で成功する可能性はますます高くなる。

海外直販が身近に、そしてますます容易になった。

海外直販とは自国に居ながらにして海外のユーザーを対象に、直接販売することを指します。

これまではその過程が複雑で、成功の可能性も不明であったこともあり、気軽にチャレンジできるビジネスでは、なかったことは事実である。

しかし、ティクーンの登場で現地言語はもちろん配送方法、決済方法、交換、返金などのすべてのシステムをローカライズ。

独立サイト方式で海外直接販売の成功する可能性を高める画期的な方法として注目されている。

ローカリゼーション独立サイトで成功する可能性が特別高い理由は何だろうか?

独立サイトはティクーンが開発した。

一問一答を通じて調べてみた。

Q.海外直販、独立サイト方式のサービスが今、注目される理由は何ですか?

A.自国に居ながらにして海外へ販売するのだが、消費者である海外ユーザーは海外のサイトから購入したとは思えないのである。

これは配送、決済、交換、返金の処理・対応が現地の他サイトと同じだからである。

したがって商品力、技術力が良い、国内商品が現地で売れるしかないのである。

また、ティクーンを利用して海外直販する企業は商品をHPに登録し、

ネイティブスピーカーを採用し、顧客応対させます。マーケティングもする必要がある。

国際 - 国内発送、請求、返金、返品、オフライン営業はティクーンがサポートする。

ティクーンを通せば、海外直販が容易に身近なものとなる。

また成果も目に見えるように確認できるので注目されているのです。

Q.ティクーンのグローバル独立サイトサービス、その成果を聞きたい。

A.ティクーンは昨年「1万ドル輸出賞」を受けた。

※1万ドル輸出賞は、海外向けに1万ドル以上輸出する条件

この賞を昨年2017年に12億円以上を売って受賞した。

ティクーンを利用して越境販売する企業の中で

昨年売上高の3,000万円以上を記録した会社が15社を超えている。ほとんどがサイトオープンから3年経っていない。

現地の独立サイト形式は苦労する事が多い、海外直販は競争力が強大な上に、同じアイテムを取扱う競合他社がなく売上は上がる一方なのです。

Q.海外直販アイテムを推薦する場合は何ですか?

A.価格や品質が良ければ何でも売れる可能性を秘めている。

成功したティクーンの直営アイテムを紹介すると名刺、ステッカーなど印刷物、

横断幕やのぼりなどの実写出力、エアー送風式のエアー看板、

不織布バッグやプラスチック容器などである。決して珍しくない街中にありふれた商品です。

海外直販においては、アイテムを問わず成功する可能性があるという事が言える。

Q.海外直販に興味はあるが心配だ、必ず覚えておくべきことがある場合は何ですか?

A. これは参加する企業のCEOの役割、姿勢です。

海外直販のプロセスはティクーンがサポートします。

成否の90%は、CEOの姿勢と言えるでしょう。

CEOがどのように海外直販に集中するか、どのような経営戦略を立てるのか。

これによって成否が分かれるのは当然である。

初めから難しく考えてからスタートしてはいけない。

心配しながら1歩目を踏み出す必要はないのです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • tq
  • Instagram