ショッピングモール依存型ではない、独自ドメインで運営するティクーン現地化越境ECとは

数年前、Tmall(天猫)が越境ECサービスとして新たにスタートさせたのが

Tmall グローバル(天猫国際)です。 このTmall グローバルは他のショッピングモールと何が違うのか。 中国国内へ販売が難しかったアイテムでも販売できるようになったという事である。 これは現地(中国人)ユーザーが商品を購入するたび日本から発送するため、 これまで以上に多くのアイテムを販売する事ができるようになったと脚光を浴びました。 ここでもう一度、私たちが行うtqoon越境支援サービスと何が違うのかご案内させて頂きます。

私たちの提供するサービスも現地ユーザーが商品を購入するたび

日本から発送する方式です、この点では Tmall グローバル と同じです。

冒頭で紹介したTmallグローバルやAmazonといった既存のショッピングモールに出店する方式の越境方法では簡単に越境できるように感じられますが、、、

限られた空間の中でしか販売しかできない点、

自社ブランディングの確立や

顧客情報収集ができないためリピーターを作りづらい環境である点、

マーケティング方法も自由ではない事。そして完全な顧客情報が得られない事。

そして大勢がこぞってこの方式で越境しようとするため、中小企業の越境成功は更に困難を極めます。

このように問題点を上げようと思えばキリがありません。事実ショッピングモールに出店し、海外へ販売し大成功したという企業は見たことがないのが本音です。

ショッピングモールに依存する事で生じるこれらの課題点は長く運営していくうえで最大のデメリットとなり、運営継続ができないほど負担となっていくのです。

優劣をつけるのではなく、どちらが越境する側にとって魅力があるのか、考えて頂くきっかけになればと思います。

それら課題点を解決した、魅力ある越境を実現したのがtqoonの提案するサービスです。

もちろんtqoonの行うサービスも日本に居ながら越境する方式です。現地法人設立は必要ありません。

ショッピングモール入店ではなく独自ドメインでサイトを運営して頂きます。だからこそ自由なマーケティングが活きてくるのです。

本格的かつ長期的に成功的なグローバル進出を考えている企業様にこそ、提案したい越境システムなのです。

越境ECに知識がなく難しそう、現地市場調査する必要が?ノウハウが必要なのでは? このように最初からあまり難しく構えてしまい、動き出せない原因を作ってしまうのであれば元も子もありません。

tqoonの提供するプラトフォームでのサイト構築方法やや運営方法の教育、国際物流網の整備、マーケティング提案、返品業務、までサポートしています。

ブルーオーシャンへの道をひらくため、まずはお気軽にお問い合わせください。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • tq
  • Instagram