2018年度、新年度のスタート!tqoon方式の越境ECで海外進出

2018年度、新年度のスタート!tqoon方式の越境ECで海外進出

tqoon(ティクーン)は海外市場へ進出したい企業を強力にバックアップします。 私どもは長年、実際に越境ECでビジネスをしてきました。 何をどうすれば売れる仕組みが作れるのか、そのノウハウを持っています。 数ある越境勉強会に参加し、海外のショッピングサイトへ出店するのでは 越境してビジネスをしているとは言いきれません。 これまで何度も掲載してきた内容ですが越境成功のカギは【現地化】です。 現地化はtqoonの根幹と言っても過言ではありません。 カスタマーサービスはネイティブスピーカーが対応し、 現地サイトと同じ決済方法を採択。 海外からの国際郵便ではありません、現地の宅配業者がお届けします。 外国のショッピングモールへ出店し、商品を出品する方法ではありません。 現地顧客が外国企業に注文する際に生じるストレスがないのです。 これが越境ECにおいて私どもが徹底している現地化なのです。 現地のショッピングモールへ出店し、ショッピングモールで許された機能を使い、 たくさんの業者に並び出店するのでは、やっとスタートラインに立った。 それまでです。そこから先は更に非効率的です。 機能制限される中で、ろくに自由なマーケティングも出来ず、 ライバルたちに埋もれていくのが真の越境ビジネスと言えるでしょうか。 私どもの提供する越境は【独自ドメイン】でのサイト運営にあります。 巷では独ドメなんて言われていますね。 ドメイン取得後、サイト構築用のフォームをお渡ししますので商品登録して頂きます。 その後、実際に運営するのはお客様自身なのです。 弊社は物流や決済などインフラ整備を行い、ノウハウを共有する事で 成功的な越境ECをバックアップします。 独自ドメインのサイトを現地に開く事により 自由なマーケティングが可能であり、結果ブランディングも出来てしまうのです。 冒頭でも触れた通り、弊社自身が長年サイト運営してきた背景があります。 売上の大きな部分を占めるのがリピーターのお客様方です。 ブランディングが確立されてこそ、ファンであるリピーターが集められるのです。 この点がショッピングモール出店型と大きな差を生みます。 ショッピングモールで買い物をする場合

【このお店で今度も買おう。】 ― そう思っていただく事が最も難しいと言われています。 実際、皆さまも【これどこで買ったかな】そんな商品多くありませんか? 更には似たようなショッピングモールが乱立しているため一見さんの取り合いが生まれ

お客様の維持、リピート顧客を掴むのはより難しくなっていくのです。 そのため成功的な越境ECはtqoon方式でする必要があると提言いたします。 1年目より2年目、5年、10年と。現地ユーザーに認知されるたびに成長する。 そんな自由で長期的に成功率の高い方法で越境EC事業を始めてみませんか? 越境ECの知識や経験も特別必要ありません。 新年度のスタート、まだ遅くはありません。まずはご相談からお気軽にお問い合わせ下さい。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • tq
  • Instagram