海外直販!専門モールでなければならない理由


アマゾン,楽天,ラザダはライバル会社ではなく、このようなサイトに従属して販売するより独立性、顧客忠誠

度、資本力、専門持続性などで自分の領域を構築してこそ成功できるので,海外直販は専門モールに出なけ

ればなりません。

韓国統計庁で分類されるインターネットショッピングモールは、大きく総合モールと専門モールに分かれま

す。総合モールはオープンマーケット、ソーシャルコマース、デパートモール(ホームショッピングモール)など

で、ほぼすべてのカテゴリーを扱うショッピングモールを指します。

専門モールは"カテゴリーキラー"と言いますが、特定のカ

テゴリー商品だけを扱うショッピングモールを指します。

代表的専門モールとして"stylenanda"のような女性ファッションショッピングモールがあります。

専門モールと総合モールを一緒にする理由は、好む消費者層が違うからです。 他の商品は総合モールで購

買しても関心分野とコンテンツが含まれた特定カテゴリーは専門モールを利用する消費者が増えています。

とくにBtoB 商品は、より専門モールを好む場合が多いです。 また、総合モールが提供できない機能も専門

モールでは可能です。

例えば、計算式オプション、商品に関わるコンテンツ、卸小売,購買者間の情報共有などが考えられます。

統計庁資料を基準に韓国は既に総合モールと専門モールの売上げ比重が66% :33%程度で、専門モールの

比重が増える傾向です。

日本も同様に thebase.in.や stores.jpなど、賃貸型独立モール制作サイトを利用して専門モールを開設する

ケースが増えています。

専門モールで成功するには?

1. あるカテゴリー領域の中で多様な商品を具備します。

例) カップ専門モール (アドカップ, www.adcup.jp

2. 細分化されたカテゴリーと陳列を提供します。

例) プラスチック専門モール (容器 ,www.ykki.co.kr

3. 詳細検索機能を提供しなければなりません。

ティークンは現在詳細検索機能を追加開発中です。

4.単純な商品評価、レビューではなく専門家コンテンツがあります。

名刺専門モール (アド名刺 https://www.adprint.jp/Product/Sub/pn.aspx?Code=PN)

このような要素が集まり、総合モールよりはこの商品は専門モールで購入するのがより安く、便利で、良いと

いう認識を消費者に伝えるようになれば専門モールとして成功します。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • tq
  • Instagram